自律神経を整えるには生活習慣だけではダメ!?背骨を動かすエクササイズが効果的な理由!

こんにちは、みよし(@miyoyu34)です。

今回は、自律神経を整える為に効果的な方法を紹介します。

自律神経を整えるためには生活習慣が大事。これは間違いなくそうなんですが、実は生活習慣だけでは解決できない問題があるんです。

それが背骨の問題です。

自律神経を整えるには、生活習慣だけでなく「背骨」がカギを握っている!?

自律神経は背骨の中を通って内臓などに繋がっています。

特に、首の背骨と仙骨から副交感神経が出て、胸・腰の背骨から交感神経が出ます。

首や骨盤周りが悪くなると副交感神経が働きにくくなりリラックスしにくい体になりやすくなりますし、胸・腰の背骨が硬くなれば交感神経が働きにくくなったり、過剰に働きやすくなったりすることでやる気が出にくくなったりするわけです。

例えば、胸の上の方の背骨は心臓や肺に繋がっていますし、腰の背骨は腸に繋がっています。胸の上の方が硬くなれば心臓や肺の機能が悪くなり息切れや手足の冷えを感じやすくなったり、腰が悪いと便通が悪くなりやすくなります。

このように背骨と自律神経は実は密接に関わっているんです!

さて、なんとなくイメージは湧いてきたと思います。背骨を柔軟にしてあげることが自律神経を整えることにつながるってわけですね。

それでは、背骨を柔軟にするのに効果的なエクササイズを紹介します。

自律神経を整えるのに効果的なエクササイズ①シーティッドツイスト

シーティッドツイストは、背骨をねじるエクササイズです。

特に腰椎よりも胸椎の方が回旋可動域が広くよく動きます。胸まわりをしっかりと動かす意識で行ってあげると効果的です。肩甲骨周りがガチガチになっている方、胸がドキドキする、緊張しやすいなど症状がある方にも効果的です。

自律神経を整えるのに効果的なエクササイズ②マーメイド

マーメイドは、身体を横に倒して背骨を側屈させていくエクササイズ。

胸椎の側屈可動域は25度、腰椎の側屈可動域は20度程度。腰〜胸周りまで全般的にしっかり動かしてあげます。骨盤から首まで綺麗なカーブを描けるように、斜め上方向に背筋を伸ばすように行うと効果的です!

自律神経を整えるのに効果的なエクササイズ③キャットアンドカウ

キャットアンドカウはヨガでおなじみのエクササイズですね。

首〜骨盤まで綺麗にカーブができるように動かしていきます。鏡などでチェックしたときに、カーブができず平坦になっている場所がある場合はそこが硬くなっている証拠。しっかりと綺麗なカーブができるように動かしていきましょ!

このあたりのエクササイズを続けることで背骨が柔軟になり、自律神経が整いやすくなっていきますので、ぜひお試しあれ〜^^

それではまた更新します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です