座ると足の痺れが出て辛い人!原因と治す方法を理学療法士・整体師が教えます

  • 座ると足の痺れが出る
  • 長い間座る事ができない
  • 歩くと楽
  • [/aside] こういった方に読んで頂きたいです。 というのも、以前僕も同じような症状があったんです。 でも、職業柄改善する方法を知っていたので改善する事ができました。 今回は足の痺れの原因と対処方法をお伝えします。

    足の痺れの原因

    足の痺れの原因は主に筋肉が原因で起きています。 病院ですと、ヘルニアや脊柱管狭窄症が原因で神経を圧迫しているから痺れが出るといった診断をされますが、ヘルニアの手術をしても痺れが改善しない事がよくあります。 これはそもそも原因が骨ではなく、筋肉にあるからなんです。 具体的には、脳から神経が背骨を通って伸びて、背骨から枝分かれして内臓や筋肉に繋がっています。 痛みや痺れの受容器があるのは筋肉です。 なので、筋肉が硬くなって神経が圧迫される事によって痺れや痛みが出ているわけです。 なので、今あなたの足の痺れを引き起こしているのは周辺の筋肉の硬さが原因となっている可能性が高いです。

    足の痺れを引き起こす筋肉

    足の痺れを引き起こす筋肉は主に [aside type="boader"]
    • 大殿筋
    • 小殿筋
    • 梨状筋
    • ハムストリングス
    • 下腿三頭筋
    • 足底筋
    [/aside] 大まかにはこの当たりの筋肉が硬くなる事によって神経が圧迫されて痺れや痛みが出てきます。 坐骨神経もこの当たりの筋肉を通っていますので、坐骨神経痛も症状として出ている事が考えられます。

    筋肉の硬さを引き起こす原因

    筋肉の硬さを引き起き起こしているのは何かというと、 [aside type="boader"]
    • 座っている時間が長すぎる
    • 姿勢が悪い
    • 運動不足
    • ストレス
    • 食生活の乱れ
    • 睡眠不足
    [/aside] こういった生活習慣の乱れによって、骨盤や背骨の歪みが起きると筋肉が硬くなります。 また、背骨が歪む事で自律神経の働きが低下し、本来人間が持つ自然治癒力を低下させます。 ストレスは食生活の乱れによっても自律神経の働きを低下させます。 結果として、休息をとっても硬くなった筋肉を治すことができない体になってしまいます。 ですので、こういった筋肉の硬さを作らないためにも、普段の生活習慣のバランスを取る意識を持って行動していくことが大事になります。

    足の痺れを治すための手順

    [aside type="boader"]
    1. 硬くなっている筋肉のマッサージ
    2. 骨盤、背骨の調整
    3. 生活習慣の改善
    4. ストレスの改善
    [/aside] まずはしびれの原因となっている筋肉の硬さを改善するマッサージを行うことです。 特に原因となりやすいのが大殿筋、小殿筋、ハムストリングス、下腿三頭筋です。 マッサージの方法に関しては動画で紹介しますので参考にしてみてください。

    足の痺れを治す小殿筋のマッサージ

    それ以外のマッサージ方法もYouTubeでアップ予定です。

    骨盤、背骨の調整

    筋肉の硬さを改善すると一時的に痺れは改善しますが、基本的に筋肉の硬さがある場合は合わせて骨盤や背骨の歪みがあるので、根本を改善するためには骨盤や背骨の調整が必要になります。 ただ骨盤や背骨を調整する事は自分1人では難しいのでカイロプラクティックの治療を受けることができる整体に行くことが必要になります。 カイロプラクティックの治療方法は整体によって異なります。お店によっては背骨をぽきっと鳴らすカイロプラクティックの治療をする場合もあります。 私が働いている治療院では背骨をぽきっとする治療は行わないので安全に治療を受けることができます。

    生活習慣の改善

    もしあなたが日常生活の中で座っている時間がとても長い場合、それが原因となって筋肉の硬さが起きていることが考えられます。 筋肉と言うのは長時間動かさないでいると弱くなり硬くなる性質を持っています。 なので長時間座っていると筋肉を使わないので、お尻まわりの筋肉や太腿の後ろの筋肉、ふくらはぎの筋肉が硬くなっている状態になっています。 そうすると、筋肉に通っている神経が圧迫されて痺れを引き起こします。 改善策としては、スタンディングデスクを使用して作業することや、20分おきに休憩を挟んで、お尻や足の筋肉を動かしてあげることです。 休憩時間に筋肉のマッサージをしてあげるのも良いです。 これをやるだけでも痺れがだいぶ軽減できると思います。

    ストレスの改善

    日常生活におけるストレスを改善することによっても足のしびれを軽減することができます。 なんでかと言うと足のしびれを引き起こしているのは筋肉の硬さです。 その筋肉の硬さの原因となっているのは生活習慣の乱れやストレスによって自律神経に影響を与えていて、その自律神経に問題が起きていることによって自然治癒力の低下が起きています。 ストレスの足のしびれはあんまり関係ないように思えるかもしれないんですが、このように実はストレスと足のしびれでは大きく関係しているんです。 あなたの日常生活で自分自身にストレスを与えているなと感じる習慣だったり、問題となっていることを書き出してみてください。 ストレスの原因となっていることがわかったらそのストレスを解消するためにはどうしていったらいいのかと言う改善策を考えてみてください。 ストレスの解消法について詳しくはこちらをみてみてください↓ ストレスマネジメントで自分のストレスの原因をセルフチェックし解消できるようにすると人生が楽になる 日常生活からそのストレスを除くことができると自分の体を自然に治す自然治癒力が向上してきて筋肉の硬さを自然に治すことができる体が少しずつ出来上がってきます。 ストレスを除くことも少しずつ行ってみてください。

    まとめ

    今回は、足の痺れを治す方法を紹介してみました。 根本を解決するためには、カイロプラクティックという治療が必要になります。 もし足の痺れでお悩みの場合は、TwitterやYouTubeのコメントでご連絡ください。 今後、YouTubeでも治療法の解説をしていきますので、よかったらみてみてください! それではまた更新します^^]]>